聴き読み日記

主にアップルのAirpodsとkindleアプリを使って「耳」で本を読んでます

抗NMDA受容体脳炎、ペイパル創業者、山野井泰史、数学の天才

 

脳に棲む魔物

脳に棲む魔物

 

 

これはすごい。

著者、スザンナ・キャラハンは本にある病気になった時24歳。
訳者のあとがきにあるように、本書の構成は、前半が著者の次第に悪化していく詳細な精神症状と、医師による相次ぐ誤診、診断が確定されない中どんどんと精神状態が悪くなっていくさまと困惑する周囲の記述は、ホラー小説を読むかのよう。

 

実は私は読む前から診断名を知っていたし、精神科医でもあるので、この前半は読み進めることが非常に辛かった。我が身を振り返っても、24歳という若さで幻覚・妄想が出て来た場合、統合失調症ないしは双極性障害と診断してしまう可能性は高い。あえて言えば、突然の発症、それまでの社会適応からして、『この人がこんな症状を呈するのだからそこには何かがあるには違いない」という確信が持てた時に、見かけの症状からの診断を疑うことができ、徹底的な検査を繰り返すだろう。

 

スザンナ・キャラハンは何度も、精神疾患の確定診断から長期に不毛な治療へと導入される危機にさらされた。高名な神経科医からきっとこれは器質的な(身体に原因のある)疾患だと疑われて血液検査を受けても正常だったこともあり、一時は匙を投げられる。本人が書くように、本当にたまたま同じ病気を疑える病理に詳しい医師に出会えたこと、その医師でさえ3年前に経験していなければ果たして診断が出来たかわからない。

 

診断に至るまでの間、離婚してバラバラだった両親との絆、そしてボーイフレンド(恐らく彼も若いだろうに!)の示す彼女への献身的な愛情が本人を支え続けた。信じがたいほどの彼女への愛と信頼だと感じられた。諦めなかった彼らに感動する。

 

 

映画化されてるんだ。へえ。

eiga.com

 

HARD THINGS

HARD THINGS

 

 

昔懐かしいネットスケープナビゲーター開発者が書いた本。経営術だが、正直で実践的な内容をblogに書いていたのを本にしたようだ。

彼は今成功しているファンドマネージャーとして認識されているが、たとえ、現在が成功した経営者であっても、その過程は平坦ではなく、絶望し、破滅の一歩縁まで足をかけている状態を経験しているようだ。

筆者はその時の心情を赤裸々に書くと同時に、極めて実践的なアドバイスを限界を示しつつ読者に提示する。
私にとっては、これまでやってきた仲間である親友を切る、袂を分かつ、そのやり方が大いに参考になった。

 

ベン・ホロヴィッツは今や成功投資家らしい。投資家ってどうやってなるのよ。

 

垂直の記憶 (ヤマケイ文庫)

垂直の記憶 (ヤマケイ文庫)

 

 

山野井泰史氏は、登山好きな人なら多くの人が知る日本というか世界を代表するクライマー。テレビの情熱大陸で紹介されたことがあり、動画検索してまずはどんな人かを知ってもいいかもしれない。妻の妙子氏も世界的なクライマーであり、夫婦2人で難所にアタックしている。

 

夫婦共に、手足の指の多く(妙子氏はほとんど全部)を凍傷で切断しているのだが、特にその原因になったのが、2002年ギャチュン・カン北壁へのアタック。その様子は、沢木耕太郎「凍」にも描かれていた。「凍」で私が印象に残っているのが、8000mに迫らんとする断崖絶壁でロープをブランコのようにして夫婦2人耐え忍んだ情景。

 

本書ではその、凍傷で指を失ったアタックの様子を本人、一部は妙子氏の記述を交えつつ知ることができる。

 

なんつーか、ギャチュン・カン北壁へのアタックも、妙子氏の調子が上がらず、「降りる」といっても泰史は普通に頂上までのアタックを続行するし、雪崩にあって妙子氏が落下したなかで、泰史は助けに向うわけだが、目も見えなくなるわ、厳寒の中で指先で岩肌を探るために既になるわ、ともう読んでいられないような記載が満載で、心臓に悪いったら。

 

絶壁を降りきった後も、仲間の居るキャンプまでは氷河上を延々と歩く必要があった。食事も殆ど出来ず、体力は限界な中、最後に泰史は歩みの遅い妙子氏を置いてキャンプまで先行することを決め、生きて再会できるかわからない妻の写真を撮る。2人とも生きていることを知って読んでいるはずなのに、本当に大丈夫なのかという気持ちが頭を離れない、そんなギャチュン・カンのアタックが最終章。

 

他の章でも泰史氏のほとんどがソロ(単独)で難所へのアタックをする中での氏の思考過程やら、名クライマーならではの技術的記載などがあって、時折読むのが辛くなりつつも夢中で読める。

 

泰史氏は、山で死ぬことが出来たら後悔しないようだが、頼むから死んでほしくないと、一読者として強く思う。

 

 

凍 (新潮文庫)

凍 (新潮文庫)

 

凍はこっち。文章は作者らしくかっこいい。読んだの昔なので、印象に残っているのは、絶壁ブランコのみ。

 

天才の栄光と挫折―数学者列伝 (文春文庫)

天才の栄光と挫折―数学者列伝 (文春文庫)

 

 天才といえば数学者。

 

著者はすでに「心は孤独な数学者」において、ニュートン、ハミルトン、そして史上最大の天才ラマヌジャンについて1冊にまとめているが、本書はそれを凝縮してさらに関孝和、ガロワ、コワレフスカヤ(女性!)、チューリング、ワイル、そして現代のワイルズを加えている。どの人物も大天才であり、そして著者が栄光と挫折と書いている通り、ワイルズを除けば、最後は挫折や苦悩の中で亡くなった一生を送っている(というかそういう風にまとめている)ために読後感としては切なさが残る。ワイルズだって、サイモン・シンフェルマーの最終定理」にもあるように、証明をもたらした谷山・志村予想をめぐる逸話は哀しすぎる。


関孝和について、彼は沖方丁天地明察」で名を知られた渋川春海と同時代に生きていたことは小説でも印象的に語られていたが、本書での春海との間柄は小説のそれとは全く異なる。本書の著者にとって、数学をしっかりと理解していなかった春海は無能に思えるらしく、関のような天才と並び称すことは許せないし、小説にあるような形で関が春海を見守ったとは絶対に思えないようだ。「天地明察」を読んだ方は、2人の間柄についてここまでコントラストが違うことに興味が湧くのではなかろうか。

 

天地明察(上) (角川文庫)

天地明察(上) (角川文庫)

 

噂の天地明察はこちら。 ちょっとした記述の間違いは、気になってしまう。ストーリーは面白いですよ。

 

 

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

 

で、アンドリュー・ワイルズ が如何に証明したかを綴っているのがこれ。ノンフィクションのオールタイム・ベストの1つ。いつかご紹介。