生産力を上げるなら聞いて読め_精神科医の聴き読み日記

主にアップルのAirpodsとkindleアプリを使って「耳」で本を読んでます

ペルー日本大使公邸襲撃事件の話

あのペルー日本大使館襲撃事件の話。著者は自ら人質でもあり、当時は元ペルー海軍の提督、後にアラン・ガルシア政権で副大統領になった人。事前にNHKの日本人人質の回想を読んでいたのだが、日本人は事件解決に置いては完全に蚊帳の外に置かれていたので、あの時何が起きていたのかはよくわからなかった。本書で、初めてフジモリ政権が具体的にどのように作戦立案をし、そして中の人質の暮らしぶりと、果たした役割が理解できる。著者を含めた多くの人質が理性を保ち、126日もの長い間1人の犠牲者も出さずに過ごしたのだから凄いことなのだ。

 

日本大使公邸襲撃事件―占拠126日と最後の41秒間

日本大使公邸襲撃事件―占拠126日と最後の41秒間

 

 

とはいえ、あの事件に関しては以前より様々なわだかまりを持つ。例えば日本政府が蚊帳の外に置かれ、非常に情けない役回りしかできなかったこと(という認識)、日本人は人質に置いても蚊帳の外だった件(という認識)、そしてテロリスト全員射殺というのが正しかったのかどうか、など。

 

 

全員射殺に関して釈然としない感情を持ってしまうのは、彼ら全員が筋金入りのテロリスト(MRTA)というだったわけではなく、半分は山の奥地で誘われた10代の少年少女だったからだ。彼らはそもそもMRTA幹部たちと違って政治思想を強く持っているわけでもなく、人質の、特に日本人たちと親しくなってしまったりする。そのうちの少女1人は本書の著者いわく日本人の若者と恋仲になってしまった。そして彼女は最終局面で日本人を撃つことに躊躇し、引き換えしたところを突入部隊によって射殺されるのだ。非常に切ない場面で、悲しい気持ちにならざるを得ない。彼らはあまりに純朴で、この仕事(大使館立てこもり)が終わったら、ペルー軍に入るとか、日本に行く、とか言っていたらしい。脳天気もいいところ、というか騙されて連れてこられたようなもんなのだ。

 


とはいえ、突入軍の方針である全員射殺は状況を考えれば致し方ない作戦なんだろう。誰が襲ってくるかわからないわけだし。事件解決後、ペルーでは反フジモリ派が力を持ち、突入軍の「罪」が問われてしまうのだが、それは理不尽だろうと感じる。突入軍の指揮官バレル中佐は逃げ出す人質をかばってあっという間に殉職もしてしまい、読んでいてその場面が一番辛い。

 


ペルー政府、すなわちフジモリ大統領の非情ぶりは、著者によっても人質の立場としてはという但し書きで強調されるが、そこの是非はかなり微妙に感じる。確かにあのときの橋本政権のものの言いようは、本書冒頭で佐藤優が非難気味に述べるように軟弱でテロ対策をわかっていない、と言えそうだが、そうはいってもあれがあったからこそフジモリ政権も強行策実行まで随分待ったし、テロリストと交渉しないというのも、決して世界標準ではないこともわかる。ある意味、この事件では日本人の甘さが結果的には人質の命を救ったと思えてしまうのは私だけか。

 


また、日本人人質たち。恐らく著者を始めとした日本人達以外からすると余りに無防備で、かつテロリストたち(彼らはゲリラとみなされたかったらしい)と親しくなりすぎに見えただろう。でもそれがあったからこそ、テロリストも土壇場で人質を殺せなかったのだ。テロリストたちがプロ的でなかったのも幸運だったが、事件解決に蚊帳の外的だった日本人も実は人質全員無事(正確には解放後に1人死亡)に果たした役割は大きかったのではないか。無意識なればこそだけども。

 

 

 

これは日本人商社マン側からの人質事件。ジャンピエトリの本では非常に影の薄かった、日本人民間人の物語。

 

頑張りましたね。日本赤十字の看護婦さんたちが役立たずと思われながら、トイレ清掃に頑張ったお話など日本人としては複雑だが大事な役割を果たしてくれたことには感謝。

 

 

封殺された対話―ペルー日本大使公邸占拠事件再考 (20世紀を読む)

封殺された対話―ペルー日本大使公邸占拠事件再考 (20世紀を読む)

 

 

こちらはジャンピエトリには甘いと言われそうだが、テロリスト全員射殺に対する違和感を、人質当事者として抱き続けている側から。

 

実はまだ読みかけだが、ジャンピエトリ本はあくまでも制圧側からの視点でテロリストそれぞれを書いているが、本書では1人の人間として彼らが実際どのような背景のもとに育ち、ああいった行動に至ったのかがより重層的に描かれている。

 

部外者としてはやはり日本人の感覚は甘いのか、という部分を捨てきれない、いや自分も本書の小倉氏のように釈然としないと思うんですよ、ああいう完全制覇は。一方では勿論、人質全員救出できたことは称賛すべきとわかってはいるんですが。

 

ペルー兵士が突入した際に、テロリスト側の女性が日本人人質に銃口を向けながら結局撃たなかったのは、日本人の甘さが役立ったんじゃないかなあ。

 

ところで、ジャンピエトリ本でテロリストと日本人の若者が恋仲になったと書いてあるけど、一体誰なんですか。