生産力を上げるなら聞いて読め_精神科医の聴き読み日記

主にアップルのAirpodsとkindleアプリを使って「耳」で本を読んでます

宮下英樹「センゴク外伝 桶狭間戦記」

すみません、読み上げで読んだのではないですけど。

 

 

 

センゴク」シリーズの外伝。本作の主人公は今川義元である。えぇ?と思いません?


今川義元ですよ?


あの公家ばりにお歯黒して、ほんとに武士かよ?みたいなナヨナヨした外観で描かれることが多く、輿の上で殺されたという。

 

あの桶狭間を描くというのであれば、信長と思うじゃないですか。

 

ところが本作の主人公は義元であり、義元の養育を担当し後には軍師的役割をした雪斎なんですよ。まあ雪斎の今川家における活躍はほぼどの作品でも描かれているのでわかる。多くは、どうしようもない義元も、雪斎が居るから領地運営が成り立っているのであり、雪斎なければすぐにも滅びるだろう、現に死去後ほどなくして桶狭間で敗れているのだ。

 

この前読んだ「信玄の軍配者」なんかではひどい書かれようでしたよ義元さん。

 

という義元だが、実際には名君であった。というかそうでなければできないことを沢山している。そもそも、雪斎が優秀であればあるほど、そんな人が側に居続けるためには、主としてまた弟子として魅力が無ければありえないと思えるわけだ。そして、「戦国武将の実力」を読めば、義元は領国の商家に随分な自由を与えつつ年貢収入を増やし、国を周辺国に比べて一際豊かに運営したのみならず、第二次川中島合戦において武田信玄上杉謙信の和睦調整を成立せしめるだけの実力を持っていたこともわかる。

 

そんな義元の名君ぶりを本作は描く。ADHD気味に描いているのは信長なら従来からあったが、義元では新鮮。もちろん義元の人物像は作者の想像ではあるが、こんな人ならば、上記の領国経営の巧みさ、雪斎が常に側にいたこと、岡部孝信のような家臣が忠義を誓い(彼は織田方から首を返還せしめたのだ。義元が暗愚だったらそんなことしないだろう)闘ったことも納得がいく。それに義元は史実でも勇壮だった。織田方武士毛利新助に首を取られるわけだが、彼の前に斬りかかってきた武士には手傷を追わせているわけで、軟弱じゃなかったのよ。

 

 

本作は勿論若き信長も丁寧に描く。信長が銭の確保に領国の安定を、支配の拡大を約束することを見抜いた過程を描き、ココらへんも、武芸のみが強調されて描かれがちな他作品との違いだろう。生駒の方との恋愛もまた新鮮。

 


さてさて、本作では事あるごとに強調されるのが戦国時代は実は小氷河期にあたっており、普段は雪など見られない場所時期にも雪が振り,それがため米の収穫が劣り、飢饉に見舞われた大変な時代であったことである。そういった視点が無いと、戦国大名たちが群雄割拠した時代の成立要因がわかりかねるというのはずっと昔に習いたかったことだな。

blogos.com

 

著者の宮下英樹は現地取材を入念にしている漫画家だが、あとがきにこう書く。


今川義元という人物との出会いは、格別に幸せなものでした。義元を知れば知るほど、同時代の誰よりも先進的で、カリスマを備えた大名だと強く感じるようになりました。」


本作を読めば自分も一度墓所に手を合わせたくもなる。
そう、義元は戦時においても自軍の兵士に戦闘地での略奪、強姦、暴行行為などを許さなかったという。現代的価値観から見ても素敵な人だと想像できるというものだ.

 

 

信玄の軍配者(上) (中公文庫)

信玄の軍配者(上) (中公文庫)

 

 

山本勘助の名前をよく知らないとさ、本書を読んで、足利学校すげーとか、親友たちが北条や上杉のもとで活躍してて、なんだかすんごい友情話が戦国期にあったのね、と感嘆してしまうが、創作ですよね。そもそも勘助自身の存在がどれだけのものだったかもわからないので、まあ勘助に仮託した戦国小説ですな。語り口は上手いし、面白いですよ。うん。勘助の苦労には泣かせられます。でもでも実際にはどうだったんだよう??と思ってしまう私はひねくれ者ですみません。もう一度言いますが、面白い良い小説です。でも完全なフィクションです。これで山本勘助像を頭に作ってはいけません。

 

 

王になろうとした男 (文春文庫)

王になろうとした男 (文春文庫)

 

 

義元を屠った毛利新助のことを知りたくば。かっこいいですよ。不器用だけど。親友だった(ほんとは?)塙直政との生き方との対比、よく書けてますね。